シワやハリに効く!45歳に効いた、アイハーブのレチノール(ビタミンA)化粧品たち!

スポンサーリンク
アイハーブ

早い人で30代から。顔のお手入れの際に、「あれ?」と感じることがふえるのではないでしょうか?

「私の目じりにこんな小さいシワあったっけ?」「ほうれい線目立ってきてない?」など。顔のそこここに、現れる年齢の証。

「私もいい年を重ねてきたわね」などと悟るまでには、まだまだ修行が足らず、鏡を見ては、「あ”~」と嘆く日々。こんな思いをしているのは、きっと私だけではないはずです。

でも、そうやって嘆いていても、シワは埋まらず、シミも消えず、ほうれい線は年を経るごとにくっきりとしてきます。さあ、どうするか。

はっきりと言いましょう。

そんな切実な私たちの悩みをかなえてくれるのは、美容整形か、高級エステ、化粧品しかないでしょう。

でも美容整形、高級エステはやっぱり敷居が高いし、値段も高い。続かない。怖い。

となれば、やっぱり頼るべきは化粧品ですね。

最近の化粧品は、年齢肌にあらがうべく、とても素晴らしい働きをしてくれます。年相応の肌もきれいではあるけれど、それを悟るまでは、まだ時間が必要。今はやっぱり多少ピンとした肌になりたい!ちょっとでも肌年齢をごまかしたいっていうのが、40代、50代の女性の心理ってとこではないでしょうか?

スポンサーリンク

ここでは、私が試した、アンチエイジング化粧品、特にレチノール化粧品についてご紹介します。よかったら参考にしてくださいね。

参考記事もご覧ください

40代から始めるレチノール美容!高濃度レチノールの効果を報告します!その①

アイハーブで人気!ビタミンCとレチノール配合の美白美容液の効果とは?

アイハーブのおすすめレチノール化粧品 第三弾!高濃度レチノールの効果は?

アイハーブの高濃度レチノールレビューその②! 2.5%の高濃度レチノールの使用感と効果とは? 

シミ・しわ・たるみの原因になる?!40代50代の日焼けの対策法
シワやハリに効く!45歳に効いた、アイハーブのレチノール(ビタミンA)化粧品たち

巣ごもり美容②アプローチから考えるシミに効果的な美容液を探す方法 効果的な美白とは?
巣ごもり美容③ シミ予防のアプローチから考える美白美容成分とは?あなたにぴったりの美白化粧品を探そう

スポンサーリンク

レチノールとは?

What is retinol cosmetics?

レチノールは、女性なら誰でも気になる、ほうれい線やシワなどの改善にいいといわれている、エイジングケア成分です。

レチノール(ビタミンA)ともいわれます。

レチノール(ビタミンA)は、食品に含まれる脂溶性のビタミンです。昔から目や皮膚によいといわれていますね。また細菌やウィルスからも身体を守る性質があるようです。

レチノール(ビタミンA)は、水に溶けない性質で、油溶性です。そのため、とろみのついた美容液やクリームなどに配合されていることが多いです。

配合量が適量であれば、刺激が少なく効果的であることから、アンチエイジング肌ケアの、多くの化粧品に配合されています。

レチノール(ビタミンA)は、皮膚の真皮組織のコラーゲンやエラスチンの生成を促すので、レチノール(ビタミンA)を配合している化粧品には、大抵、シワやほうれい線に効果的!とか、肌にハリを与える!とか、肌のターンオーバーを促進する、などの言葉が書いてあります。

実際、レチノール(ビタミンA)は、前述の働きから、ターンオーバーを促すので、古くなった角質除去やシワの改善に効果的なようです。

古い角質が溜まっていた肌にレチノール(ビタミンA)化粧品を使用すると、くすみが取れ、明るくなったような感じがしたり、ターンオーバーを促進することから、シワが薄くなった感じがするようです。

また、ヒアルロン酸の生成もサポートするので、肌の水分保持力も高めるそうです。

私たちの肌に、それらがきちんと効くと、肌が若返った!となるんですね。

スポンサーリンク

注意したい、レチノールの配合量と、使用方法

Retinol cosmetics precautions

レチノール(ビタミンA)の配合量は、多くの化粧品が1%未満です。

レチノール(ビタミンA)配合の医薬部外品(薬用化粧品)に関しては、配合上限があり、0.04%程度だそうです。

一般のレチノール(ビタミンA)配合化粧品に関しては、最小0.0001%から最大1%程度というところが多いようです。

最近、高濃度(1%から2.5%程度)のレチノール(ビタミンA)配合という、うたい文句で、レチノール(ビタミンA)化粧品が売れていますが、私はまだ試せていません。ちょっと怖いかな?。口コミなども賛否両論なので。

このレチノール(ビタミンA)は、人によって、アレルギー反応がまちまちなようで、少なくても肌荒れなどが出る人もいれば、高濃度でも全くでない人も。だからもう少し今のレチノール(ビタミンA)でやってみて、効かなくなったと感じたら、1%以上を試してみようと思っています。

そして、使用方法です。

レチノール(ビタミンA)は、ターンオーバーを促す性質から、肌に紫外線のダメージを受けやすくなっています。紫外線は要注意です。

多くのレチノール(ビタミンA)化粧品が夜使用になっているのは、そのためですし、翌朝からの肌ケアには、日焼け止めは必須です。

たまにレチノール(ビタミンA)化粧品にもかかわらず、夜使用や日中の日焼け止めのことを書いていないメーカーもありますので、注意してくださいね。

また、ビタミンAに関しては、妊婦さんが使用することで、胎児の催奇奇形の可能性があることがわかっています。

そのため、厚生労働省では、妊婦さんのビタミンAの摂取量に上限を定めています。妊婦さんは、気を付けてくださいね。(妊娠期間は使用しないほうが安全ですね)

スポンサーリンク

アイハーブのレチノール化粧品の使用感は?

How do you feel about using retinol cosmetics?

InstaNatural, エイジディファイング & スキンクリアリングセラム、アンチエイジング、1液量オンス (30 ml)

 

では、早速、45歳、わたしが試してみた、レチノール(ビタミンA)化粧品のご紹介をしたいと思います。

InstaNatural,エイジディファイング & スキンクリアリングセラム、アンチエイジング、1液量オンス (30 ml)

コチラは、私が初めて使用したレチノール(ビタミンA)化粧品です。レチノール(ビタミンA)配合量はわかりませんが、私は全く肌への危険反応はありませんでした。

詳細は以下の通りです。使用感などは、以前の記事にありますので、参考にしてください。

 

商品説明

スキンケア
アンチエイジング
ビタミンC
レチノール
ナイアシンアミド
サリチル酸
エイジディファイング & スキンクリアリングセラムは、肌の大小のシワとシミを抑える効果がある総合的ソリューションです。この軽量なセラムにはレチノールとサリチル酸が含まれていて、細胞の入れ替わりをサポートし、 詰まった毛穴をきれいにし、同時にヒアルロン酸、ビタミンCとナイアシンアミドが肌を守り、不均一な顔色と肌のキメを減らします。

ご使用の目安
洗顔後に化粧水で整えたお肌に少量のセラムをなじませ、完全に浸透させます。適切なモイスチャライザーで仕上げます。当製品を夜に使用して、日中はSPFを使用すると効果的です。

成分その他
アクア、アロエバルバデンシスリーフジュース、アスコルビン酸リン酸ナトリウム、カプリル酸/カプリン酸トリグリセリド*、グリセリン*、limnanthes alba(メドウフォーム)種子油、ナイアシンアミド、ジメチルスルホン*、ヒアルロン酸ナトリウム*、サリチル酸、レチノール、ヘスペリジン、rosmarinus officinalis(ローズマリー)葉エキス、ツバキエキス、ハイビスカス・ロサ・シネンシス花エキス、スクワラン、シトラス・グランディス(グレープフルーツ)果皮油、メラルーカ・オルタニフォリア(茶木)葉油、ラバンドゥラ・アングスティフォリア(ラベンダー)油、カナンガ・オドラタ花油、ペラルゴニウム・グラベレンエキスセチルホスフェート、ヘリアンサスアンヌス(ヒマワリ)シードオイル、カルタマスチンクトリウス(ベニバナ)シードオイル、グリセリルステアレートシトレート*、トコフェロール*、キサンタンガム*、カプリルヒドロキサム酸*、グリセリルカプリレート*、クエン酸*、グリシンソヤ(大豆)油、レシチン*、モノステアリン酸グリセリン*、リモネン*、リナロール*。

*天然由来

https://jp.iherb.com/より。

スポンサーリンク

参考記事もご覧ください

40代から始めるレチノール美容!高濃度レチノールの効果を報告します!その①

アイハーブで人気!ビタミンCとレチノール配合の美白美容液の効果とは?

アイハーブのおすすめレチノール化粧品 第三弾!高濃度レチノールの効果は?

アイハーブの高濃度レチノールレビューその②! 2.5%の高濃度レチノールの使用感と効果とは? 

シミ・しわ・たるみの原因になる?!40代50代の日焼けの対策法
シワやハリに効く!45歳に効いた、アイハーブのレチノール(ビタミンA)化粧品たち

巣ごもり美容②アプローチから考えるシミに効果的な美容液を探す方法 効果的な美白とは?
巣ごもり美容③ シミ予防のアプローチから考える美白美容成分とは?あなたにぴったりの美白化粧品を探そう

CeraVe,  肌を蘇らせるクリームセラム、30ml

スポンサーリンク

次は、CeraVe, 肌を蘇らせるクリームセラム、30ml

です。今一番頼りにしている化粧品です。InstaNatural,エイジディファイング & スキンクリアリングセラム、アンチエイジング、1液量オンス (30 ml)よりも、クリーム状で、濃厚さがあります。

やはり薄黄色です。レチノール(ビタミンA)配合量の記載はありません。

使用感は、クリームなので、良く伸びるのですが、水分が付いていると、伸びが良くなく、ムラになりやすい。

だから、塗るときはしっかりと化粧水を浸透させてから渇いた状態で塗るのがベスト。伸びはとても良いです。

この黄色のクリームは、なかなか浸透しないのですが、しっかりと伸ばし、塗りこむことで、成分が浸透するのか、効果が高いような気がします。

塗りぬくさも効果でカバーです。

頭の白い部分は押せるようになっているので、プッシュ式。空気に触れないので、鮮度が保てるようです。

ジャータイプだと酸化が気になっていたので、コチラのプッシュ式は安心。

匂いは化粧品原料の匂いがちょっと感じます。液体のりの薄い匂いですね。

塗りこむときに感じる程度で、すぐに気にならなくなります。私的には全然OK。

今は、これと、下記のオイルを併用して使用していますが、肌の張りがいい感じです。

商品説明

皮膚科医と共同開発
MVE(MultiVesicular Emulsion)デリバリー技術
しわの減少を促進
肌の艶の回復を促進
皮膚の防護壁の回復を促進
他では見られないカプセル化レチノールとセラミド複合体を配合
皮膚科医と共同で開発されたセラヴェ・スキン・リニューイング・クリーム・セラムは、しわの減少及び皮膚を保護する防護壁の修復を促進し、2つの面で最高の結果をもたらします。この独特で心地良いフォーミュラで健康的で晴れやかに見える、より明るく滑らかな皮膚を取り戻すことができます。

ベタつかず吸収が速いフォーミュラ
セラヴェカプセル化レチノール複合体は、肌を刺激せずにしわを抑制します。
3種類の不可欠なセラミドが皮膚の防護壁の修復を促進
ヒアルロン酸が皮膚の潤いに必要な湿気を吸収
皮膚にやさしく刺激性が少なく毛穴を詰まらせない
無香料
セラヴェカプセル化レチノール複合体:この画期的な複合体は、皮膚を刺激することがある多くのレチノールとは異なり、カプセル化レチノールが含まれています。カプセル化レチノールは、レチノールを安定させて時間の経過と共に皮膚全体に浸透させます。このため、刺激を最低限に抑制できるのです。艶がある明るい皮膚を露出し、しわを減少させます。

セラミド:痛んだ皮膚の脂質層を入れ替えて、皮膚の自然な防護壁の回復と維持を助けます。

ヒアルロン酸:皮膚の上層に水分を引き寄せて皮膚を保湿し、しわを滑らかにするために不可欠な成分(保湿剤)です。

ナイアシンアミド:鎮静化特性でよく知られており、赤みの抑制を促します。

特許取得済みの制御放出性MVEテクノロジー:成分を多層の小胞に閉じ込め、時間を掛けて一層ずつゆっくりと放出します。

ご使用の目安
顔面の必要な部位に小さな点ぐらいの量を塗布し、完全に吸収するまでやさしく滑らかにします。フォーミュラのみ、またはメークアップの下に1日1回または2回使用してください。

成分その他
PEG-40ステアレート、ヒドロキシエチルセルロース、シクロペンタシロキサン、ジメチコーン/ビニルジメチコーンクロスポリマー、トリエタノールアミン、セテアリルアルコール、ペンチレングリコールなどが挙げられるが、これらに限定されない。ヒマシ油、レシチン、キサンタンガム、ヒドロキシアセトフェノン、フェノキシエタノール、クエン酸、ベヘントリモニウムメトサルフェート、チコリム・ニコチンアミド、アルコール、レチノール、エチルヘキシルグリセリン、シリカ、リン酸カリウム、ラウロイル乳酸ナトリウム、ヒアルロン酸、 、セラミド6 II、フィトスフィンゴシン、コレステロール、カルボマー、セラミド1。

https://jp.iherb.com/より

スポンサーリンク

Derma E, アンチリンクルビタミンA & E トリートメントオイル、 2液量オンス (60 ml)

 

次は、同じく今使用していて、効果を感じているレチノール(ビタミンA)オイルです。こちらはビタミンAのほかに、保湿効果の高いビタミンEも配合されている美容効果が高いオイルです。

アイハーブでは有名なダーマEブランドのオイルです。

これは昔からたまに使っていました。以前のバージョンは、もっと粘度が高く、つけるとピリピリして、皮膚が抜けることがあったので、要注意な化粧品でしたが、むけた後の肌がきれいなので、微妙な感じで使っていました。

最近のバージョンは、粘度が低く、比較的さらっとした感じ。肌への刺激もなくなって、普段使いのできる、いい感じで効いているオイルになりました。

こちらもレチノール(ビタミンA)配合量の記載はありません。

私の使い方をご紹介します。

まずお風呂上りの湿った肌に直接オイルを伸ばします。(この容器、瓶で、ダイレクトに出るので、使う時は、私のように↓容器の入れ替えをおすすめします。酸化も遅らせることができるような気がする。)

その後、化粧水をつけて、いったん、休憩。髪の毛を乾かしたり、扇風機で暑さをしのぎながら顔に水分を浸透させる。

水分が浸透したら、CeraVe, 肌を蘇らせるクリームセラム、30ml をワンプッシュ。顔にまんべんなく広げます。気になるときは、首にもワンプッシュ。

浸透しにくいので、しっかりと伸ばして浸透させます。すると翌朝には、ハリが感じられます。(あくまでも私の場合)

スポンサーリンク

商品説明
乾燥肌用
ニュールック
自然
動物虐待なし
パラベンフリー
100%ビーガン
アンチリンクルビタミンA & Eトリートメントオイルは乾燥肌、加齢肌、活性力のない肌用の濃縮トリートメント

皮膚を再生させるビタミンAは細かいラインとしわを軽減します
皮膚の治癒をするビタミンEは柔らかく、滑らかで、張りのある肌を促進します
derma e自然スキンケア: 有効な解決策

ご使用の目安
肌を洗浄後、アンチリンクルビタミンA& Eトリートメントオイルを朝晩お使い下さい。内服用ではありません。

成分その他
Carthamus tinctorius(ベニバナ)種子油、パルミチン酸レチニル(ビタミンA)、酢酸トコフェロール(ビタミンE)。

https://jp.iherb.com/より

 

ちなみに、私の場合は、上記のオイル容器(瓶で口が大きく、ドバっと出るタイプ)だと不便なので、以前買った同じダーマEの乳液をきれいにして消毒してから、このオイルを移し替えています。プッシュ式で楽だし、空気に触れるのが少ないから、酸化も防げます。

 

スポンサーリンク

Derma E, アンチリンクルトナー、6 fl oz (175 ml)

 

 

コチラも、ダーマEのアンチエイジング化粧水です。

こちらの特徴は、ビタミンAと、グリコール酸が入っているので、よりターンオーバーを促進する働きがあるようです。

ピーリングにも使われるグリコール酸は、最初使う時は、多少刺激を伴うようで、この化粧水をコットンに付け、ふき取りをすると、若干のピリピリ感を感じました。

使ううちになれてきて、刺激は無くなりましたが、やっぱりターンオーバーを促すようで、これを使っている際は肌が敏感になるのを感じました。

これは毎日使うものではないのかもしれません。私の場合は、月一程度で、顔の角質が暑くなったな。ちょっとごわついているなと思う時に使用すると、とってもすっきりしました。以降は、この頻度で使用するようになりました。(最近は自分で化粧水を作っているので、ほとんど使用していませんが)お助け化粧水です。

もう一つの特徴としては、独特の香りでしょう。

スポンサーリンク

ビャクダンというのか、お寺のお香の香りというのか、独特の香りがあります。昔の女性の化粧品の香りというか、私は嫌いではないけど、つけたあとにも、香っているので、ほかの化粧品の香りが無ければいいけれど、香りが混ざってしまうとちょっときつかったです。匂いがもうちょっと薄いといいのにな。

*2020年9月追記:この化粧水の香りが変わりましたね。

詳しくはこちらアイハーブで買ってよかったもの。Derma E(ダーマE)アンチリンクルトナーの化粧水の変化と効果について

商品説明

普通肌から脂性肌に
ニュールック
天然
動物実験&動物成分なし
パラベンフリー
100%ベーガン
毛穴の外観を精緻に整えます。
pHバランスがとれています。
グルテンフリー
この抗シワのためのビタミンAグリコールトナーは、不純物を除去して皮膚のバランスを再調整しながら毛穴やシワの外観を減らせる、pHバランスのとれたアルコールフリートナーです。

皮膚を再生させるビタミンA、グリコール酸とパパイヤに加え、爽快なシーケルプ(昆布)が、お肌を滑らかにリフレッシュし、健康的外観を残します。
ナチュラルスキンケア:効果のあるソリューション

ご使用の目安
クレンジング後、柔らかいコットンパッドをトナーとともに湿らせます。顔と首を、ゆっくりとくまなく上方向に拭き上げます。さあ、これであなたのお肌は、お気に入りのダーマE保湿剤をご使用いただく準備ができました。

成分その他
グリセリン、プロパンジオール、ポリソルベート20、グリコール酸、レチニルパルミテート(ビタミンA)、パンテノール(プロビタミンB5)、ハマメリス(ウィッチヘーゼル)エキス、キュウリサティバス(キュウリ)果実エキス、カリカパパイヤ(パパイヤ)果実エキス、マクロシスティスピレリエラエキス、有機カモミールレシータエキス(0.5%)、有機アロエババデンシス葉エキス(0.1%)、ポリソルベート60、ソルビン酸カリウム、フェノキシエタノール、エチルヘキシルグリセリン、フローラルフレグランス。

* Quality Assurance InternationalまたはUSDAによる認定オーガニック

https://jp.iherb.com/より

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、45歳、私の試した、アンチエイジング成分、レチノール(ビタミンA)配合化粧品のご紹介をしましたが、どうでしょうか。皆さんの参考になると嬉しいです。

女性は何歳になっても、きれいな肌でいたいものですよね。誰かにほめてもらいたいというのもありますが、きれいな肌でいることが自分自身、女性としてのモチベーションを保つというか、嬉しいし、何事も前向きに頑張ろう!って気持ちになったりしませんか?

もちろん年齢を重ねるとわかる美しさもあると思いますが、まだそこまで悟っていない人は、私と一緒に、もうちょっと年齢肌にあらがってみましょうよ。きっとそれはそれで楽しいスキンケアができるし、メイクも楽しめると思います。もう逆らえないな。と思ったら、その時はそれに合う方法を考えましょう。

私もそれまでは、巷にあふれる化粧品を片っ端から調べて、厳選して試してみたいと思います。

参考記事もご覧ください

40代から始めるレチノール美容!高濃度レチノールの効果を報告します!その①

アイハーブで人気!ビタミンCとレチノール配合の美白美容液の効果とは?

アイハーブのおすすめレチノール化粧品 第三弾!高濃度レチノールの効果は?

アイハーブの高濃度レチノールレビューその②! 2.5%の高濃度レチノールの使用感と効果とは? 

シミ・しわ・たるみの原因になる?!40代50代の日焼けの対策法
シワやハリに効く!45歳に効いた、アイハーブのレチノール(ビタミンA)化粧品たち

巣ごもり美容②アプローチから考えるシミに効果的な美容液を探す方法 効果的な美白とは?
巣ごもり美容③ シミ予防のアプローチから考える美白美容成分とは?あなたにぴったりの美白化粧品を探そう

(ご注意)このサイトのすべてのレビューは超個人的見解です。私に合うからといって、すべての人に合うとは限りません。あくまでも参考程度に考えてくださいね。また食品や化粧品など、購入、使用はご自身の責任の下でよろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました