アイハーブで安心オーガニック!Spectrum Culinary オーガニック・バージン・ココナッツオイルを試してみました!

スポンサーリンク
アイハーブ
スポンサーリンク

Spectrum Culinary 社のバージンココナツオイルです。今回はアイハーブで買った、こちらのオイルのレビューを書きたいと思います。40代50代にも使い道はたくさんありそうですよ!

アイハーブには、バージンココナツオイルと検索すると、相当数のバージンココナツオイルが出てきます。その中でも、こちらの商品は、1、2年ほど前から新しく載るようになったもので、レビューも少なく、心配ではあったのですが、自分の勝手な勘を信じて、初購入してみました!以来、3度ほどリピートしています。

スポンサーリンク

アイハーブで人気急上昇!

Spectrum Culinary

オーガニック・バージン・ココナッツオイル (414 ml)

中身はこんな感じです。ちょっと見た感じは、グリセリンっぽい感じです。今は春なので、固まっていたオイル成分が溶けかかっているのでこのように見えますが、温かくなると、完全に液体状になります。

香りはさっぱり目だと思います。蓋を開けてふわっと香る程度です。口にするとしっかりとココナツの香りを感じることができます。ナッツのような甘い香りです。コーヒーにも入れてみましたが、くどくなく、ココナツのよい香りのするコーヒーになりました。

内容量:14 液量オンス(大体400グラム程度でしょうか?)

価格:(2019/4/現在)¥1094

こちらの商品は、

・USDA認定オーガニック

・非遺伝子組み換えプロジェクト認証

・QAI認定オーガニック

*USDAオーガニックと認証されるためには、栽培地で3年以上農薬を使用していないことやオーガニック栽培計画書などの証明資料とオーガニック製品を提出し、政府の承認を得た検査官による現地査察が必要となります。
認証後も、査察は毎年行われます。

オーガニックの表記は、オーガニック原料の含有率により3種類に区分されています。
容器包装には、以下のように表示されます(NOP Organic Labeling and Marketing Informationより)。

「100%Organic」
100%オーガニック原料の製品
「Organic」
95%以上オーガニック原料の製品
「Made with Organic ingredients」
70%以上オーガニック原料の製品
3種類以内であれば、容器包装にオーガニック原料名を記載してもよい。

参考:http://www.nygreenfashion.com/html/learn/usda.html

 

*オーガニック認証制度「QAI(Quality Assurance International)」

QAIは、カリフォルニア州サンディエゴに本部を置く、アメリカ農務省により認定されたオーガニック認証機関で、日本やラテンアメリカでも運営されるアメリカ最大のオーガニック認証団体の一つです。
市場に流通するオーガニックの加工食品、メーカーの生産過程等において持続的な品質を確実なものとするために創立されました。 QAIの認定プログラムは、栽培者や製造者の製品が特定の需要に適用する規制基準を満たしていることを保証するものです。

QAIの認証を得るためには、アメリカで定められたオーガニック食品生産法(OFPA) のガイドラインと、アメリカ農務省が定めた国家有機プログラム(NOP)に沿って栽培者や製造者の製品が厳しい規制基準をクリアする必要があります。

QAIはオーガニックコミュニティーと顧客の継続的教育に貢献しています。

参考:http://novascotiaorganics.jp/certification.php

ということらしいので、ちょっと安心して使えるかな?と思い、購入しました。安いのに、瓶に入っている!のもポイント高いです。

アイハーブでは、最近は梱包に力を入れているのか?前よりも丁寧な梱包で来るようになったと思います。こちらもきっちりとシール状のプチプチにくるまれてきました。

スポンサーリンク

我が家のバージンココナツオイル使用法

今は春なので、中途半端に溶けています。。

ちなみに我が家での使い方は、

①次男の全身の乾燥肌対策&かゆみ対策

②私のココナツオイルコーヒー用

③私の保湿クリーム作り用

です。

そもそも、バージンココナツオイルは酸化しにくく、MCTという、身体によいといわれている、中鎖脂肪酸が6割程度含まれているといわれています。この中には、ラウリン酸も入っています。

ラウリン酸は、抗炎症作用、抗菌作用があるとして知られているので、次男の乾燥肌からくるかゆみとか、炎症を抑えてくれるかもしれないと思い、試してみることにしました。

(ちなみにコチラのオイルには、1回分として15グラム中に、MCTと言われる中鎖脂肪酸が9グラム入っているそうです。)

スポンサーリンク

実際に次男の肌に使用してみると、すーっと伸びて、乾燥して固くなった肌に染みていきます。この時にかゆくなったり、痛くなったりはしないようでした。全身に塗った後は、ほんわりとココナツの甘く香ばしい香りがするので、本人も気持ちよいようでした。

このころの次男には、肌荒れ対策の薬用クリームや赤ちゃん用の刺激の少ないクリームなど塗っていたのですが、肌荒れがひどくなってくると、そのどれもが痛くなったり、かゆくなったりで、何を塗ってあげたらよいか、本当に困っていました。何も塗らないと皮膚が割れて血が出てきそうなので。

その点、純粋なオイルは、痛くなったり、かゆくなったりはしないようでした。以前は、ホホバオイルを塗ったり、(いい感じですが、コストかかりすぎ)ギーを塗ったり(こちらもコストかかるし、バター臭が抜けない)していましたが、ココナツオイルが次男の肌にも、コスト的にも一番でした。

現在は肌荒れも少しずつ落ち着いてきて、段々とかゆみも乾燥も目立たなくなってきましたが、未だにお風呂上りは全身ヌリヌリしています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

極度の乾燥にはシアバターをプラス

またこちらのシアバターとオイルを混ぜてクリーム状にしたものも、乾燥には役立ちました。シアバターも高いので、あまりバンバン使えなかったのですが、極度の乾燥には、シアバターココナツクリームが良いかもしれません。

スポンサーリンク

アイハーブで購入しました。シアバターは日本で買うと、本当に高いので、アイハーブはおすすめです。

アイハーブ:Earth’s Care, シアバター、純度100%、6オンス(170g)

ダイエットにはコーヒーにプラス

バージンココナツオイルを入れたコーヒーですが、カップにスプーン1杯ぐらいを溶かして飲んでいます。40代の中年太りが気になる私。。これを朝に飲むと、不思議と食欲が抑制されるような気がします。それにココナツオイル入りのコーヒーを飲むと、唇がむっちゃしっとりします。唇が荒れている時には結構よいです。それにココナツの淡く甘い香りに癒されます。気になる方はぜひ試してみてくださいね。っていうか、40代50代の方に是非試してほしいです!

スポンサーリンク

もし本格的にダイエットをしようとしている人には、ココナツオイルより、MCTオイルと表記されているもの、中でも中鎖脂肪酸100%のオイル、C8(カプリル酸)が主成分のオイルが良いそうです。今私もすごく気になっているので、いつか試してみようかと思っています。→結局買ってしまいました!そのうちレビューします!

まとめ

いかがでしたか?今回は、アイハーブで購入したバージンココナツオイルについてご紹介してみました。アトピー肌ぎみの次男の保湿のほか、40代の私の肌の保湿や健康的なダイエットにも使える、ココナツオイルは、意外と家族みんなで、色々な使い道があることがわかりました。

バージンココナツオイル気になるけど、自分ひとりで使うには多すぎる!とか、一つしか使い道がないのは、困る!なんて同じように感じている方がいましたら、参考にしていただけると嬉しいです。

 

(ご注意)このサイトのすべてのレビューは超個人的見解です。私に合うからといって、すべての人に合うとは限りません。あくまでも参考程度に考えてくださいね。また食品や化粧品など、購入、使用はご自身の責任の下でよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました