40代からでも間に合うVIOケア!おすすめケア商品とは?

スポンサーリンク
アイハーブ
スポンサーリンク

あなたは、デリケートゾーンについて、気になることがありますか?

「あれ?こんなにくすんでたっけ?匂いがきつく感じるな」などと思うようになったら、お手入れが必要な時なのかもしれません。

本来、陰毛は、局部の雑菌の繁殖を防いだり、外部からの衝撃を防ぐ、クッションの役割のために存在しています。

スポンサーリンク

しかし、一方で、その存在が、尿や便、おりものや経血や皮脂などによって、汚れの温床となり、不衛生になりやすい部分でもあります。

また、陰毛があることにより、摩擦などで、デリケートゾーンの皮膚にダメージを与え、すくみの原因にもなり、皮膚が敏感になることで、生理時には、ナプキンでかぶれやすくなったりもします。

また、加齢が原因で皮膚の角層が厚くなり、乾燥してしまうこともあります。

ここでは、毛のある、なしにかかわらず、デリケートゾーンに最適なケア、またケア方法などについて調べてみました。

生理サイクルとVIOの最適なケアとは?

デリケートゾーンのお手入れに関して、女性の生理サイクルは、はずすことはできません。

女性の生理サイクルの中で、目安となる、おりものの状態を知ることは、デリケートゾーンの健康にも役に立ちます。

生理中

子宮内膜が血液と一緒に排出される期間です。この時はおりものというよりも、経血のふき取り不足、また、長時間ナプキンを付けていることによる不快感や匂いなどが気になるでしょう。

ナプキンはこまめに取り換えましょう。さらにオーガニックコットンナプキンや布ナプキンでかゆみやムレ、匂いが軽減されることもあります。試してみるのも良いでしょう。

私個人的には、布ナプキンは面倒なので、続かず。オーガニックコットンのナプキンに変えたところ、不快感が薄らぎ、匂いが気にならなくなりました。おすすめです。

スポンサーリンク

生理後

生理後は、おりものの量が少なくなる時です。脱毛や保湿などのデリケートゾーンのケアがしやすい時です。

排卵前

段々とおりものの量が増え始める時です。おりものの量や色、状態などをよく観察してみることも必要です。かゆみやいつもと違うおりものではないか?などよく見てみましょう。匂いやムレなどもそろそろ感じる時です。

排卵期

人によっては、排卵痛のようなものとともにわかる排卵期です。おりものの量も増え、卵白のような状態のおりものが増える時です。おりものによる不快感があるので、フェミニンウェットティッシュなどで、こまめにふき取ると清潔に保てます。

生理前

白っぽくなったおりもので、匂いがきつくなり始めます。量も匂いも気になる時です。専用の洗浄剤やウェットティッシュで普段よりも清潔に保つように心がけましょう。

特に、20代や30代の女性は量も増えるので、気になりますよね。40代50代になると、量は減りますので、若いときほど気にならなくなりますが、やはり清潔に保ちたいですね。

スポンサーリンク

最適なVIO(デリケートゾーン)ケア商品は?

 

Emerita, フェミニンウォッシュ、 4液量オンス (118 ml)
製造元 エメリタ

まずは、VIOについては、以前の記事をご覧ください。

参考記事もご覧ください

デリケートゾーンの乾燥や匂い、膣中まで?VIOケアの逸品とは?②おりもの・生理編

アノ匂いが消える?!肌に安心!オーガニックの生理用品(ナプキン)のおすすめと効果は?

40代からでも間に合うVIOケア!おすすめケア商品とは?
40代からでも間に合うVIO脱毛!VIOを脱毛(ハイジニーナ)して心も身体もすっきりしよう!
40代からのVIOケア!アイハーブで買えるフェミニンウォッシュとワイプの使用感は?
40代からのVIOケア!デリケートゾーンの乾燥や膣内まで?!VIOケアが楽しくなる逸品とは?①洗浄編
40代からのVIOケア!デリケートゾーンの乾燥や膣内まで保湿する逸品とは?③保湿編

スポンサーリンク

私個人的には、デリケートゾーンの悩みが少なくなるハイジニーナをおすすめしておりますが、(とは言っても、私自身、医療系脱毛ではないので、完全にお手入れナシとは言えないのですが)

とりあえず、ハイジニーナにしなくとも、多くの女性は、何らかの形で、デリケートゾーンのお手入れの経験はあると思います。(プールやスポーツジム、温泉など)

お手入れ方法としては、カットしたり、剃ったりしている人が多いのではないでしょうか?その際に、チクチク感、ムレや汚れや匂い、くすみや色素沈着、などが気になり、悩まれている方も多いと思います。

そんな時に、どのように対処すれば正解なのでしょうか?

デリケートゾーンのお手入れに関しては、最近ではよく見かけるようになったものの、あまり一般的ではないような気がします。そのため、いざ自分が気になった時にも、どのように対処したらよいのか、戸惑われている方も多いのではないでしょうか?

アイハーブのこのリンクから購入すると、購入者割引が受けられます。

If you purchase from this link, you will receive a purchase discount.

スポンサーリンク

匂いについて

デリケートゾーンの匂いについては、経血の匂いや排尿時のふき取りが十分でなかった場合などがあげられると思います。

その際に一番楽で、効果的なお手入れ方法としては、デリケートゾーン用のフェミニンウォッシュやフェミニンワイプなどといわれる、女性器用の洗浄剤や、ウェットティッシュです。

特に、ウェットティッシュは、持ち運びに便利で、どこでも気になった時に使用できますし、ものによっては、トイレに流せるものもあります。

彼とのデートの時や、プールなどの密着するときにも事前に使用すれば、気にならないし、私個人としては、婦人科や産婦人科の診察などの際に使用すると、気にせずに台に上ることができます。

多くが肌に優しい弱酸性で、低刺激なので、安心して使用できるのもいいですね。

スポンサーリンク

日本製フェミニンウォッシュ

アメリカで人気のフェミニンワイプ

また、古くなった角質や、体調などにより、免疫機能が下がっていると、本来の防御機能が働かず、PH値が弱酸性ではなくなり、雑菌が繁殖してしまい、匂いやかゆみなどの原因となることもあります。

さらに、清潔を気にするあまり、ボディソープや石けんなど、殺菌作用が強く、洗浄力も強いもので洗うと、皮脂を取りすぎてしまい、乾燥や肌荒れの原因ともなります。

局部を正しい方法で清潔にすること、身体を健康に保つことも大切なケアの1つです。

くすみや色素沈着について

デリケートゾーンのくすみが気になる人というのは、多くがハイジニーナやそれに近い状態であると思います。

経験的に思うことは、毛のない状態が続くと、肌のターンオーバーのサイクルもきちんとわかる気がします。しっかりと保湿ケアをして下着などの摩擦を最小限にしていると、3か月もすると、皮膚がふわっとしてきて、くすみも気にならなくなります。

完全にくすみを消すというのは、難しいようですが、くすみを和らげる、トーンアップするという方法では、保湿というのが一番確実で手短な方法のようです。

保湿に関しては、やはりデリケートゾーン用の保湿剤が一番おすすめです。

ボディ用、フェイス用のものは、刺激が強く、成分も多く含まれています。

局部の経皮吸収率は、腕の皮膚を経皮吸収率1とした場合、42倍もあるそうなので、

必要以上の成分を吸収させてしまい、かえってデリケートゾーンにダメージを与えてしまう危険があります。

スポンサーリンク

デリケートゾーンの保湿には、デリケートゾーン用のものを使用しましょう。

安心のフェミニン保湿剤

アイハーブのこのリンクから購入すると、購入者割引が受けられます。

If you purchase from this link, you will receive a purchase discount.

ムレやかゆみについて

ムレは、陰毛の量などを減らすことにより、対処できます。量を少なくなるようにカットする、もしくはいちどブラジリアンワックスなどの脱毛をしてみることも、対策になると思います。

またガードルなどの圧迫するような、下着を長時間つけているなども原因の一つとなるようです。できるだけ、風通しの良い、コットンなどの肌に優しい下着を身に着けることで、解決することもあるようです。

かゆみに関しては、デリケートゾーンの乾燥や、摩擦による皮膚の荒れが原因のこともあります。デリケートゾーン専用の保湿剤で保湿をし、なるべく摩擦が起きないように、丁寧に洗うこと、そしてかゆみが収まらない場合は、外的な要因ではなく、病気が原因のかゆみもあるので、病院へ行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

ブラジリアンワックス

VIOケア方法のコツや注意点

① VIOをきれいにしたい(必要)な日の当日に処理するのはやめましょう。

当日に処理するということは、時間に限りがあり、丁寧にできない可能性があります。するとカミソリ負けや皮膚炎などのトラブルが起こる可能性もあります。さらに、サロンによっては、当日に皮膚のコンディションが悪いとキャンセルさせられてしまうこともあるようです。余裕をもって準備しましょう。

② VIO処理前は、きちんと保湿をし、肌の状態を整えておきましょう。

きちんと保湿をし、準備をしておくと、カミソリやサロンでの処理の後にトラブルが起きにくくなります。

スポンサーリンク

③ VIOの処理のタイミング

自己処理の場合、VIOの処理には、お風呂上りが一番のタイミングです。毛穴が開いている、水分を含んで柔らかくなっているので、処理しやすい状態です。処理後は、デリケートゾーンをタオルなどで拭くときはゴシゴシこすらずにトントンと軽くふき取りましょう。摩擦はダメですよ。

④ 脱毛後は適切なケアを

デリケートゾーンの脱毛後は、とても肌が敏感になっています。カミソリ負けや乾燥による肌荒れなど、さまざまな皮膚トラブルを起こしやすい時期です。

デリケートゾーンの脱毛後は、特に丁寧なケアを心がけてください。

デリケートゾーン用の化粧品で、保湿をし、締め付けるような下着をつけることもやめましょう。また、経血やおりものによるかぶれも起こしやすくなっています。こまめにナプキンやおりものシートを取り換えるようにしましょう。

かみそりや電気シェーバー

注意点

はさみで長さを整える。全剃りの場合も、部分も、はさみである程度形を整える、全剃りなら、短めにそろえておくことは必須です。毛が長いと上手に剃ることができず、剃り残しも出てきます。

また、剃る場合は、カミソリよりも、電気シェーバーのほうが、毛の先端を丸くでき、チクチクしないで、さらに肌を傷つけず、肌に優しく剃ることができます。

形を整える場合は、無駄な部分の毛をしっかりとカットしてから、カミソリやシェーバーで剃ると、きれいに剃ることができます。

コツ

カミソリは、指で触った時に、チクチクしない程度に行うこと。肌に優しいクリームやジェルを使用して、毛の生える方向に沿って、1本1本丁寧に剃る感覚で行うと皮膚に傷をつけずにできます。

さらに、IやOに関しては、自分では見えにくい部分です。

手鏡などを使用して、座った前において確認したりすることもポイントです。

スポンサーリンク

ワックス脱毛

注意点

肌のコンディションを整えておきましょう。ワックスは、物理的に抜く。はがすという作業なので、多少の痛み(多少ではないかもしれません)が伴います。

そのため肌へのダメージもある程度覚悟しないといけません。赤くなったり、乾燥したりすることがあるので、事前にコンディションを整えておくことが必要です。

コツ

ワックス脱毛をする際は、短めに毛をそろえ、(2センチ程度)乾いた状態で、毛の流れを整えて、均一に塗りましょう。ワックスが固まったら、皮膚を引っ張りながら、シートを密着させ、毛の流れに逆らって一気にはがします。(勇気がいりますが、一気にはがしたほうが痛みが軽減します)

ワックス後は、丁寧に保湿をしましょう。またワックス後の肌は敏感になっていますので、プールや温泉は控えましょう。

 

家庭用脱毛器

注意点

家庭用脱毛は、デリケートゾーンに限らず、さまざまな箇所で脱毛が可能になります。これがいいところですね。全身の毛のお手入れを考えている人には、最初の初期費用が掛かりますが、本当におすすめです。家族にもできますし。

しかし、一回ですべて取り除くというよりは、何回も照射し、毛を生えにくくさせるという感じです。(ある程度長期戦)一回照射して日を置いて、必要なら、その後カミソリやシェーバーで処理をする。というサイクルを繰り返すと、次第に毛が細くなり、生えなくなってくるので、カミソリやシェーバーだけのような毎回のちくちく感はありません。

スポンサーリンク


私の場合も、回数を重ねて、ほぼなくなりつつありますが、まだ何本かはあり、お手入れは楽になりましたが、即効性はないです。また何年かすれば、生えてくる可能性があります。(でもその時はかなり薄くなる)

処理の回数が減ることで、肌への負担も減り、次第にデリケートゾーンの肌の色素沈着が薄らいできたり、肌がふわっとしたやわらかい感覚になります。

コツ

家庭用脱毛器は光を当て、毛の色素に反応させて脱毛を行うものです。照射前には、しっかりとデリケートゾーンを冷やして、刺激を減らす努力が必要です。また事前に保湿で肌をケアしておくと、肌のダメージを減らすことができます。

アイハーブのこのリンクから購入すると、購入者割引が受けられます。

If you purchase from this link, you will receive a purchase discount.

まとめ

いかがでしたか?自分の悩みごとに、デリケートゾーンのケアを適切に行うことで、デリケートゾーンの悩みも減るのではないでしょうか?

また普段人目につかないデリケートゾーンのお手入れをすることにより、自分をいたわり、大切にしているという感覚が出てきます。

今までくすみが気になっていた箇所が明るい肌色になったり、ふわっとしたやわらかさを取り戻すことにより、女性らしい感情が沸いてくることもあるでしょう。

スポンサーリンク

全ての人がハイジニーナにする必要はありませんが、デリケートゾーンのお手入れはすべての女性におすすめします。

見えないところから、きれいになりましょう。

参考記事もご覧ください

デリケートゾーンの乾燥や匂い、膣中まで?VIOケアの逸品とは?②おりもの・生理編

アノ匂いが消える?!肌に安心!オーガニックの生理用品(ナプキン)のおすすめと効果は?

40代からでも間に合うVIOケア!おすすめケア商品とは?
40代からでも間に合うVIO脱毛!VIOを脱毛(ハイジニーナ)して心も身体もすっきりしよう!
40代からのVIOケア!アイハーブで買えるフェミニンウォッシュとワイプの使用感は?
40代からのVIOケア!デリケートゾーンの乾燥や膣内まで?!VIOケアが楽しくなる逸品とは?①洗浄編
40代からのVIOケア!デリケートゾーンの乾燥や膣内まで保湿する逸品とは?③保湿編

 

(ご注意)このサイトのすべてのレビューは超個人的見解です。私に合うからといって、すべての人に合うとは限りません。あくまでも参考程度に考えてくださいね。また食品や化粧品など、購入、使用はご自身の責任の下でよろしくお願いします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました