私のホルモン補充療法(HRT)更年期のプロゲステロンクリームの塗り方の変化と効果③

スポンサーリンク
アイハーブ

前回、前々回に引き続き、ホルモン補充療法(HRT)の、私の場合(そして変化)をご報告しています。

詳しくは過去記事をご覧ください。

私のホルモン補充療法(HRT)更年期のプロゲステロンクリームの塗り方の変化と効果①
40歳過ぎの体調変化(前更年期と感じ)から7年目、最初のハーブサプリメントからプロゲステロンクリームへ移行、何種類、何個も使用するたび、体調や気分の変化もあり、クリームの量や期間などで調整をしてきました。今回また体調の変化に合わせて変更することが出てきました。そんな私のHRTのご報告①です。
私のホルモン補充療法(HRT)更年期のプロゲステロンクリームの塗り方の変化と効果②
前回の続きです。プロゲステロンクリームを塗り始めて、更年期の諸症状から解放されていたと思っていたのですが、突然の不正出血から、また体調や精神的にも不調を感じるようになりました。もしかしたら今までのホルモン補充療法(HRT)=プロゲステロンクリームの方法を変えるときがきたのかも?と自分の身体を使って周期ごとに試してみることにしました。

今回は、前回までのプロゲステロンクリームの塗り方でも改善しなかった、なんとなくの不調を、 エストロゲンで解消できないか、自分の身体で検証してみたことをご報告します。

最初は前回と少しかぶります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

②プロゲステロンクリームの量を減らしてみました

プロゲステロンクリームの量を今までの半分にしてみました。

1日1回で、夜に、ワンプッシュの2分の1量です。

これで塗る期間はいままでと同様(排卵日(であろう日)から2週間程度)でやってみました。

身体がパンパンに張る感じや、早い出血、ずーっと続く出血は、なくなったのですが、頭痛ややる気のなさは相変わらず。

このなんとなくの不調はずーっと続き、結局次の生理が始まるまではこの不調なままでした。

その後生理から一週間は調子が良いのは通常通り。

でもその後の排卵日であろう日までのクリームを塗らない期間は、やはりなんとなくの不調を抱えて過ごすことに。

確かに、量を少なくしたのは正解だったようですが、まだなんとなくの不調はそのままです。

そこで、何も塗らない期間に、②エストロゲンクリームで、エストロゲンを補うことを始めようと思いました。

スポンサーリンク
  • 「医者も知らないホルモンバランス」
  • 「(続)医者も知らないホルモンバランス」
  • 「天然ホルモン実用ガイド」

については、私も愛読しているので、コチラの ↓ 過去記事で少し内容に触れています。

良かったら見てください

プロゲステロンクリームの使い方、購入を迷っている人へ。私の場合をご紹介します。
HRTの1つでもある、プロゲステロンクリーム。日本では一般市販されていませんが、アメリカでは一般的です。安易に使用するものではありませんが、しっかりと本を読んで自分の身体と相談することや、婦人科で相談できるのであれば、(定期的な婦人科検診も必要)使ってみてもいいのではないかと個人的に思っています。私の場合を紹介します。

↓は、HRT(ホルモン補充療法)を調べ、私の経験と共に紹介しています。

ホルモン補充療法って何?必要なの?と思う方は、コチラから見てください。

40代50代のための医学的エイジングケアHRTって?ホルモン療法は正しく学び、自分に合った方法を選ぶことが大切です。
女性なら誰しも通るであろう更年期という道。HRTという選択肢を持つことで、自然に自分らしく毎日を過ごしながら、できるだけ快適に更年期を過ごすことができる可能性があります。実際に体験している私がおすすめする方法や始め方などをご報告します。

ホルモンバランスやプロゲステロンクリーム、ハーブサプリメントに関する過去記事もよかったらごらんください

更年期女性におすすめ!プロゲステロンクリームの効果と選び方とは?
長年の多嚢胞性卵巣症候群を患っていて、出産後も一向に改善の気配のない私。たまに行く産婦人科の検診でも、たくさんの卵胞を確認することができていました。そのままでは、無排卵で無月経です。そして今、45歳となり、さらに更年期という問題も出てきまし...
多嚢胞性卵巣症候群の改善?!ハーブサプリメントとプロゲステロンクリームの効果
不妊で悩んでいる人の中には、私のように、多嚢胞性卵巣症候群が原因で排卵障害や生理不順などを起こしてる人も多くいると思います。私はハーブサプリメントやプロゲステロンクリームでようやく生理が来るようになりました。同じような症状で悩んでいる人の参考になると嬉しいです。
更年期症状って何?!40代50代女性のための更年期解消法とは?
誰でもが通る道であろう、更年期。しかし更年期や生理のことをきちんと理解している女性はどのくらいいるのでしょうか?更年期のこと、その対処法など、自分に合った対処法を見つけてみましょう。
更年期とプロゲステロンクリーム。どこに塗るのが一番効果的?
前更年期や更年期、そしてエストロゲン優勢の症状に悩まされている、もしくは、私のように多嚢胞性卵巣症候群で無排卵、無月経の人、などは、ネットの情報で必ず出てくる、プロゲステロンクリームについて多少の興味が出てくると思います。 しかし実際...
前更年期から更年期へ。プロゲステロンクリームの塗り方の変化と効果とは?
前更年期から更年期へと移行する途中にいます。今までは、推奨されるクリーム量と塗り方でなんとかなっていたものの、最近では、ホルモン量も全体的に少なくなってきたようで、(婦人科での検診)今までと同じやり方では違うと感じるようになりました。プロゲステロンクリームをどのように塗るようになったのかをご報告します。
軽い更年期症状、解決の一歩はセルフケアから始まる?!自分を労わるケアとは?
40代や50代の女性の方、ちょっとした更年期症状、どのように対処していますか?今回は更年期のちょっとした不調を解決?と言うよりも紛らわす?(でもこれも大事)そんな方法をご紹介したいと思います。更年期なんてまだまだ、なんていう人も、いずれ来るその時の参考にしてもらえると嬉しいです。

なんとなく、不調

一口に、なんとなくの不調とは言っても、人それぞれ不調の感じ方はちがいますよね。

なので、一応、私の不調(生理1週間後から始まる)の状態をお知らせすると、

  • やる気がでない

それこそ、朝起きるのも億劫。家事がなかなか進まない。食事作りも面倒なので、適当なもので済ませたくなる。やらなければいけないことなのに、いつまでも後回しにしてしまう。など

  • 集中力が続かない

普通にテレビを見てても、聞いているようで聞こえてきていない。ネットを見ててもすぐに飽きてしまう。本などは、1ページをしっかりと読み進みことができない

  • 全身の倦怠感

具合が悪いわけでもないのに、全身に倦怠感があって、それが理由でやる気が出ないのかもしれませんが、とにかくダルい!家にいると、一日中ダラダラ出来てしまう。家から一歩も外に出ない日も何日も出てくる。

  • 頭痛

昔から頭痛持ちだったわけではありません。ここ何年かで、よく頭痛を感じるようになりました。ずーっと続くわけではなく、やはり生理前ぐらいに。それがここにきて、生理前にかかわらず、頻繁に来るように感じていました。

  • 高血圧

以前から血圧が高かったわけではありません。むしろ若いときは低血圧で病院から塩分とったほうがいいと言われていたこともあるほどです。

なのに、ここに来て、頭痛と共に、血圧の異常なまでの上りよう。

健康診断では、血圧が気になるからしっかりと検査してと言われるまでに。

ひどいときは、上が178下が110とか。

もしかしたら、日中にふわふわした感じや頭痛はそのせいかも?

これはホルモンでは解決できないかもしれないですが。。。

スポンサーリンク

③エストロゲンクリームでエストロゲンを補ってみた

改めて、身体の仕組み的に考えてみました。

エストロゲン優勢でプロゲステロン量が極少ない体質→年齢経過とともにエストロゲン量が減っていることが検査で判明→不調→バランスをとるためにプロゲステロンクリームを少なくする。

で、一件落着かと思ったら、意外とそうではなかった。

ドクター・リーの本には、私の感じている症状や状態と同じようなものは、エストロゲン過剰の状態でもなると書いてあるし、実際にプロゲステロンクリームを減らしたら、状態は良くなっている。

このままつづけていくべきなのでは?とも思ったのですが、反対に、プロゲステロンがエストロゲンより多くても、同じような状態になるとも書かれていて、(要は2つのホルモンのバランスが重要)

そういわれると、どうにも自分の身体で実験してみたくなりました。

必要ないと思われていた、エストロゲンを補うのはどうなんだろう?と。

もしかしたら、体調をさらに不安定化させるのではないかと、実はちょっと悩んだのですが。

(実は少し前に一回、エストロゲンクリームをアイハーブで購入していました。その時もやっぱり調子を崩していて、もしかしたら?と思い、購入し、試してみたのですが、その時はかえって不調を増長させる結果となったので、まだ私には早かったなと。引き出しの奥にしまい込んでいました。)

(ちなみにその時は、ホルモン検査はしてなくて、エストロゲンが減少していたかは不明。生理からエストロゲンクリームを塗り始め、排卵日(だと思われる日)にはやめる。以降はプロゲステロンクリームを塗るようにしていました。)

ま、そんな経緯もあり、家にしまい込んでいたエストロゲンクリームを、もう一度取り出して試してみることにしました。

スポンサーリンク

Life-flo, Bi-Estro Care Body Cream, 4 oz (118 g)

製造元 Life-flo

商品の概要
商品説明
事前測定済みノズル
使用量がはっきりとわかります
パラベンフリー
美しく生きる
エストリオールUSP配合
最適なバランスへのソリューション
理想の選択
女性の健康に
科学的に調合されたブレンド
商品説明:BiEstro-Care™(バイエストロケア)には、2種類のエストロゲンを比率8対2の最適なバランスで組み合わせました。ノズル1プッシュ分に、1mgの天然エストリオールUSP、0.25mgの天然エストラジオールUSPが含まれています。1オンスにつき24mgのエストリオール、6mgのエストラジオールが含まれています。

ご使用の目安
1日1-2回、またはかかりつけの医療専門家の指示に従って塗ってください。手の平にクリームを一押しして、毎回場所を変えながら胸、腹部、腕の内側、腿の皮膚にすり込んでください。

成分その他
ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、パルミチン酸イソプロピル、ステアリルアルコール、フェノキシエタノールおよびカプリルグリコール、エストリオールUSP、エストラジオールUSP(エストラジオールUSP)、エリスリトールUSP、エストラジオールUSP 、レシチン、ソルビン酸カリウム、および重炭酸ナトリウムが挙げられる。

警告
For external use only. Avoid contact with eyes. Keep out of reach of children. If irritation, redness or discomfort occurs, discontinue use and consult a licensed health-care practitioner.

No animals were used to test this product.

アイハーブより一部引用

スポンサーリンク

以前に購入していた、エストロゲン(天然エストリオールと天然エストラジオール)クリームです。

ドクター・R・リーの本に

  • 自然なエストロゲンは、人間にとってはエストロン、エストラジオール、エストリオール
  • エストロンは体脂肪によってつくられるから、特に積極的に補う必要のないもの
  • エストロゲン優勢を持ってるなら、症状を軽くする一番少ない量を探ることが大切

とあったのを踏まえて、

ドクター・R・リーのいう、エストラジオールとエストリオールの量の配分と同じ配分で作られている Life-flo, Bi-Estro Care Body Cream, 4 oz (118 g)を使うことにしました。

とにかく本の通りに。

  • エストロゲンクリームだけを使用しないこと
  • プロゲステロンクリームと併用すること
  • エストロゲンの補給が必要と思われたときには、まずはプロゲステロンの補給から始め、エストロゲンの投与はできるだけ少なく押さえるべき
  • 自分の症状や体調に従い、おかしいなと思ったらすぐに使用を中止すること

に気を付けて使用してみました。

まずは今まで何も塗らなかった期間(生理1週間後から排卵日であろう日まで)に1日2回、朝晩にエストロゲンクリームを規定量の半分(ワンプッシュ2分の1量)づつ塗ってみることにしました。

排卵日(であろう日)からは、いつも通りのプロゲステロンクリーム(1日1回ワンプッシュの2分の1量)をぬるようにしました。

すると、塗って数時間後に、変化が現れました。。

 

すみません。また長くなってしまったので、効果の方は、次回に続きます。。。(´;ω;`)

*プロゲステロンクリームやエストロゲン、その他のホルモン補充に興味のある方は、是非こちらの本を読んでから自己責任のうえ、お試しください。

本には、具体的な事例、使い方、注意点など、心身の状態や、どのような根拠でドクターが勧めているのかがわかります。

(↓Amazonのリンクになります)

最新改訂増補版 医者も知らないホルモン・バランス

続・医者も知らないホルモン・バランス―自然なプロゲステロンが女性の健康を守る!

天然ホルモン実用ガイド―天然のプロゲステロンが女性の健康を守る!

医者も知らない 乳がんとホルモン療法 〜天然のプロゲステロンが、女性を乳がんから守る!〜

(↓楽天のリンクになります)

医者も知らないホルモン・バランス[本/雑誌] 天然プロゲステロンが女性の一生の健康を守る! (単行本・ムック) / ジョン・R.リー/著 今村光一/原訳

医者も知らない乳がんとホルモン療法 天然のプロゲステロンが、女性を乳がんから守る! [ ジョン・R.リー ]

スポンサーリンク

(ご注意)このサイトのすべてのレビューは超個人的見解です。私に合うからといって、すべての人に合うとは限りません。あくまでも参考程度に考えてくださいね。また食品や化粧品など、購入、使用はご自身の責任の下でよろしくお願いします。

14歳からの多嚢胞性卵巣症候群→不妊症治療→更年期40代後半女

徒然なるままに、40代後半女の日常生活のよしなしごとをそこはかとなく綴ります

アロマやアーユルヴェーダ、漢方、ホメオパシーで心身ともに健康を維持すべく、試行錯誤中

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました